オードリーのお笑い芸人までの歴史

オードリーといえば、ある年代の人は「ローマの休日」で世界的に有名なオードリー・ヘップバーンを連想するのではないでしょうか。最近では、「24」に国防長官の娘の役で登場したキム・レイヴァーが演じたオードリー・レインズを連想する人もいるかも・・・。しかし、今2人組でコンビ名「オードリー」というお笑い芸人が注目されてきています。オードリーの二人はともに日本大学第二中学校・高等学校出身で、高等学校ではともにアメリカンフットボール部に入部し、ここで鍛えられあのしっかりとした体格が形成せれたのでしょうか。その後、高校卒業後はオードリーの春日俊彰は日本大学へ進学し、オードリーの若林正恭は東洋大学へそれぞれ別々の大学へ進学することとなります。そして、2000年4月にケイダッシュステージという事務所に所属し、はじめはコンビ名「ナイスミドル」としてデビューするが、2005年4月にコンビ名を「オードリー」に改名しました。その後、新宿のシアターモリエールで初となる単独ライブを披露し現在に至ります。

お笑い芸人 オードリーの身体能力

オードリーの2人はともに高校時代はアメリカンフットボール部に所属していました。オードリーの1人の春日俊彰はアメリカンフットボールで関東代表にディフェンスエンドとして選抜された経験もあるそうです。さらに小学校1年から中学3年までの9年間、水泳をしてきた経験がいかされたのか、テレビ朝日で放送されている「クイズプレゼンバラエティーQさま!!」で企画された芸能人潜水No.1決定戦では、オードリーの春日俊彰が潜水競技ですごい記録を叩き出しました。この番組での潜水競技はウンベルトで有名なAIDAという組織の公式ルールでダイナミック・アプネア・ウィズアウト・フィン(フィンを使わずに潜水距離を競う)という種目です。そこで日本ランキング5位(当時)となる92mを記録を残しました。その後、同年、テレビ朝日の同番組で日本ランキング3位(当時)となる110mをさらに記録を更新し、この番組でオードリーという存在を知らしめる結果となりました。
PS:現在記録はやぶられたものの、当時この番組で安田大サーカスの団長が潜水日本記録を出しました。

オードリーの漫才・コント

オードリーは、頭脳と肉体の完全分業コント!?で最近、主に「ダメつっこみ漫才」と名付けられた漫才を行います。 不敵に微笑みながら、なぜかいつも胸をピンっと張るオードリーの春日 俊彰と、そんな彼をうまく手なずけるオードリーの若林 正恭が織り成す漫才はオードリー特有の空気感を持っています。ネタの中では春日 俊彰がツッコミ役なのだが、意味不明なツッコミや発言を発して、きちんと若林 正恭にツッコミをしないため、若林がたしなめたり、時に厳しく、時に優しく、逆にツッコむという非常に絶妙な間を謀っています。それが、オードリーの漫才を生み出しているのかもしれませんね。漫才の傾向としては、若林に春日をしかりつけるような言葉が出てくるが、それは結局二人がお互いのことを大切に考えての結果だと告白し、ともに顔を向け合い「へへへへっ」と微笑むネタをはさむ傾向があります。

Copyright © 2008 オードリー お笑い芸人の漫才に注目!!

inserted by FC2 system